Satechi ホルダー製作&販売開始しました


今回は完全にパフォーマーさん向けの記事になります。


大道芸人さんがよく音響操作に使っているSatechiメディアボタンという商品があります。

私も数年前から愛用しているのですが、シンプルでとても使いやすいリモコンです。

他社からも似たような商品が発売されているのですが、電池の持ちが悪かったり、Bluetoothの接続が途切れてしまう(これがショー中にやっかい)ことがあり、Satechi以外のリモコンはイマイチでした。

私の知る限りかなり多くのパフォーマーさんがこの製品を使っています。

しかし、このSatechiメディアボタンには2つの問題があります。

1つ目が「ボタンの凹凸が分かりにくい」ということ。

大道芸人さんの場合、技の決めポーズやローラーボーラーに乗っている最中ノールックでリモコンを操作する場面が多いので、手触りだけでボタンを判別する必要があります。

私はそのまま使っていますが、厚さのあるシールを貼って凹凸を出している芸人さんもいます。


2つ目は「ぶら下げた際に上下が逆になる」ことです。

これが個人的にかなりやっかいで、ショー中の音響トラブルの原因となっていました。

本体に開いている穴はボタンの+側に位置しているのですが、そのままストラップを通してベルトに引っ掛けると、実際に操作するときに向きが逆になってしまうのです。
(使ったことがある人にしか分からなさそう)

両面テープを使って無理やり向きを正すことも可能なのですが、落としてしまうのも心配なので、3Dプリンタを使って専用のホルダーを作ってみました。

柔らかくて弾力のあるTPUという素材を使って出力しています。

円柱の上部は少し狭め、リモコンが容易に外れないような設計にしてあります。




このホルダーを使うことで、上下の向き問題を解消できました。使ってみるとこれまで頭の中で上下反転させていた作業がなくなり、音響操作もスムーズにできました。

知人の大道芸人さんにも使ってもらったのですが好評を頂きました。嬉しい。
皆さん同じ悩みを持っていたようです(笑)


ということで、コロナ禍で培ったCAD&3Dプリンタ力をそろそろ発揮させたいなと思い、メルカリにて出品しております。

(販売から1週間で数名の芸人さんからご購入を頂きました。本当にありがとうございます…!)

お値段は送料込みで600円。

ホワイト・ブラックの2色からお選びいただけます。


今後も商品をいくつか開発・出品予定です。

メルカリの仕様上、商品は売れ次第追加していきます。
もしメルカリに登録されていない方がいましたら、私宛のメールやDMでも受付いたします。

もし「3Dプリンタでこんなの作って欲しいなあ」というご要望がございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

<リンク>
Exseri shop メルカリページ

Satechi メディアボタン Amazon販売ページ

ジャグリングパフォーマー「エクストリーム芹川」公式HP

北海道を拠点に活動するジャグリングパフォーマー・大道芸人「エクストリーム芹川」の公式ホームページです

0コメント

  • 1000 / 1000